妊娠中に脇に黒ずみができた!?

これからママになる妊娠中の方で、ふと鏡を見ると脇が黒ずんでいて驚いたという声は多いです。

でも心配しないでください。

妊娠中の方で脇が黒ずむのは女性ホルモンの影響なので産後には元に戻ります。

脇の黒ずみ 妊婦


妊娠中に脇が黒ずむのは、なぜ?

妊娠中はホルモンバランスが変化するためです。

大体20週辺りから2つの女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が急激に増えます。

このホルモンが黒ずみの原因となるメラニン色素となるメラノサイトを刺激。

そのため肌の中でメラニン色素がつくられて、色素沈着が起こりやすくなり黒ずみができるのです。

とくに脇・乳首・デリケートゾーンなどは、メラニン色素が多いため黒ずみができやすいでしょう。


妊娠中の黒ずみは治るの?

何もしないで産後、自然に治ります。

妊娠中にできる黒ずみは、だんだんと濃くなる場合もありますが心配しないでください。

これは妊娠中のホルモンバランスによる一時的な影響であり、産後にはホルモンバランスが整い元に戻ったり、徐々に薄くなっていくので大丈夫です。

脇に刺激を与えず何もしないでOK。


黒ずみが治らない場合は?

出産したあと、なかなか黒ずみが元に戻らない場合はターンオーバーのサイクルの関係もあるので2〜3ヶ月は様子を見た方がいいでしょう。

産後、脇の黒ずみが元に戻るまでに6ヶ月かかったというママさんもいます。

個人差があるので2〜6ヶ月の期間で元に戻ると思っておいた方がいいでしょう。

万が一、8ヶ月〜10ヶ月後も元に戻らず黒ずみがひどい場合は一度、皮膚科に受診した方がいいかもしれません。


慌てて黒ずみを治そうとしないように!

脇の黒ずみ 妊婦 注意


妊娠中の脇の黒ずみは、ほとんどの女性に起きるので、心配しないでくださいね。

産後には自然に元の色に戻るようになっています。

はじめて脇が黒ずんだことに驚いて「何かの病気じゃないかな」と動揺して、入浴中に脇をゴシゴシ擦ったり美白関連の刺激の強い化粧品を使うと逆効果で、脇の黒ずみを悪化させてしまうことも…。

またネットでは脇の黒ずみを解消するのには「重曹を使った方が治る」という声もありますが脇に刺激を与えてしまうので、やめた方がいいでしょう。


脇の黒ずみを早めに治したい

産後、脇の黒ずみが元に戻るまで個人差があり時間がかかる場合もあります。

放っておけば元の色に戻りますが、なるべく早く戻したいという方もいるでしょう。

脇の黒ずみ解消クリームもネット通販で手に入るので、これを塗れば早く元の色に戻るかもしれません。

こちらは無添加で低刺激なので産後の弱っている肌でも使えるようになっています。


脇の黒ずみ 妊娠