重曹

脇の黒ずみに重曹で洗ったら効果があるという口コミをネットで見かけました。

重曹というとスーパーや百均などでも売っており、レンジや鍋の焦げ落としなど掃除の時に使う白い粉末をイメージしてしまいますが、食材用や医薬品もあります。

本当に重曹で脇の黒ずみが解消できて効果はあるのでしょうか?


重曹は脇の黒ずみに効果はない

重曹は脇の黒ずみに効果がないの?

解説

重曹で脇を洗うと皮脂や汚れは落ちます。
脇の黒ずみは肌の内部による色素沈着です。
いくら外側から洗ったり重曹パックを作っても、黒ずみが解消されるということはありません。


重曹が脇の黒ずみに効果があるといわれている理由

重曹は脇の黒ずみに効果がある

重曹は水に溶かすと弱アルカリ性の水溶液になるため、皮脂に付いた汚れを落とすピーリング効果はあります。

つまり黒ずみが汚れによるものであれば、洗い落とされて解消されるということに。

ピーリング用として使用し、脇に付いている黒ずみのように見える汚れを落とすなら効果がありますが脇の黒ずみの原因は、ほとんどが色素沈着によるものです。

単に脇に汚れが付着して黒く見えるというものではありません。

肌の内部によって起きているものであるため、いくら重曹でゴシゴシ洗っても変化は見られないでしょう。


重曹で脇を洗うと危険?

重曹で脇を洗うと危険

重曹は本来、使用目的が掃除用となっているため研磨力はクレンザー並みに強力です。

肌に直接使用すると激しい摩擦でダメージを与えてしまうかもしれません。

摩擦による刺激は色素沈着の原因となってしまいます。

すでに色素沈着によって脇が黒ずんでいれば、重曹を使用することで黒ずみを悪化させてしまうことになるので注意してください。


重曹を使った脇の黒ずみケア方法

重曹で脇の黒ずみをケア

多くの口コミで取り上げられている重曹パックなどの黒ずみケア方法を調べてみました。

重曹は色素沈着した脇の黒ずみに効果はありませんが、脇に付着した汚れや皮脂、垢を落としたり普段から脇を清潔にするために使用するのは、とくに問題はないです。

ただ気をつけるポイントとして、重曹は肌へダメージを与えてしまうので敏感肌の方は、なるべく使わない方がいいでしょう。

黒ずんでいる脇に、ダメージを加えることでメラニンが発生し、さらに黒ずみがひどくなる場合があります。

「重曹を使って黒ずみが解消された」という方がいますが、もしかしたら脇が黒ずんでいると思っていたのが、じつは汚れによるものだったかもしれません。


自分でケアする時に使う重曹の種類

重曹には「食用」「掃除用」「医薬品」があります。

掃除用の重曹が粒子が大きく、続いて医薬品重曹、食用重曹の順に細かくなっています。

この中で使用するのは食用の重曹です。

掃除用は粒子が粗いので黒ずみをひどくさせる可能性があります。

医薬品の重曹は食用の重曹よりも粒子が大きめで値段も高いです。


重曹+石けんで脇を洗う

重曹を石鹸に追加

重曹を使ったケア方法は簡単。

石けんやボディソープを泡立てて、その上に重曹をひとつまみほどプラス。

その泡で円を描いて、約1分ほど脇を脇をやさしくマッサージして洗い流します。

きちんと洗い流したら化粧水やクリームなどを塗って保湿してください。


重曹パックを作って黒ずみケア

重曹パックを作って黒ずみをケアする方法もあります。

重曹と水を混ぜて脇に塗って、しばらく放置して洗い流すだけです。

重曹と水を1:1の割合でペースト状になるまで混ぜます。

摩擦が起きないように気をつけて、やさしく脇に塗ってください。

10分ほどパックをして、キレイに洗い流します。

重曹パック後、脇はダメージを受けているので化粧水などで、しっかりと保湿してください。

やりすぎると肌に負担をかけてしまうため、大体週に1回程度を目安に行うといいでしょう。


まとめ

脇の黒ずみ解説1

重曹を使って脇の黒ずみをケアするには、肌へのダメージに気をつけなければいけません。

脇に付着した汚れや皮脂は落ちるかもしれませんが、色素沈着による黒ずみに効果はないでしょう。

重曹は元々、スキンケア用のものではないので、脇に強い刺激を与えてしまい、逆に黒ずみが悪化する可能性もあります。

脇の黒ずみを解消するなら、皮膚科に通院するか脇の黒ずみ専用のクリームを使ってのケアがオススメです。