脇の黒ずみを解消させる方法はいろいろあります。

ネットや口コミなどでも即効性のある物から
じっくり改善していく方法まであり
合う人もいれば合わない人もいます。

ここでは、いろいろな脇の黒ずみの解消法を
紹介するので参考にしてみてください。


脇の黒ずみ解消法

脇の黒ずみ解消法(即効で治す)

脇の黒ずみを即効で治すならファンデーションを塗る方法があります。

治すというよりは“一時的に隠す”という手段ですね。

脇の黒ずみを、その日だけなんとかしたいという場合に
ファンデーションやコンシーラーを塗って瞬間的に目立たなくさせます。

ファンデーションは普段、メイクをする時などに
使っている顔用のよりはボディ用の方がオススメ。

顔用の物だと衣類に付いてしまうので
汗や水に強いボディ用の物を使った方がいいでしょう。

最近は「アンダーアームファンデーション」という
脇専用のファンデーションも出ています。

ドラッグストアやアマゾンとかで手に入ります。

キラキラのラメが入っていたりするのもあって
逆にそれが嫌だという声もあるので
購入する場合、いろいろ調べてから購入した方がいいでしょう。

またファンデーションを脇に塗る場合、肌の毛穴を防ぐため
肌には負担がかかってしまいます。

長時間、そのままの状態だったり使用後は、
ちゃんとキレイに洗い落さないと毛穴が詰まって
肌のトラブルにつながる場合があるので注意してくださいね。


脇の黒ずみを食生活で治す

脇の黒ずみを改善するために食生活を見直します。

ビタミンCとビタミンEを主に、とり入れるといいでしょう。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制し
コラーゲン生成の促進をします。

肌に潤いを与えて肌荒れの予防効果も期待できます。

とくにキウイ、イチゴ、小松菜、うなぎなどに多く含まれています。

ビタミンEは血行促進と新陳代謝をよくする働きがあります。

新陳代謝をよくして肌のターンオーバーを正常にし
脇の黒ずみ改善を目指せます。

ビタミンEはアーモンド、ほうれん草、レバー、大豆に多く含まれています。


脇の黒ずみを豆乳ローションで治す

豆乳ローションはムダ毛を抑制したり
ムダ毛を薄くすると評判が高いです。

豆乳には「大豆イソフラボン」が含まれており
体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをします。

女性ホルモンを増やせば男性ホルモンの
分泌を減らしムダ毛の抑制につながります。

豆乳ローション


また大豆イソフラボンにはターンオーバーを
正常にする働きもあります。

豆乳ローションを使い続けることで
毛を薄くして目立たなくなるという効果が期待できます。

産毛のような薄い毛には効果的だけど
下半身などの濃い毛には効果は出にくいと言われています。

脇の黒ずみも毛の質や濃さは個人差によって異なるけど
薄い毛なら豆乳ローションで目立たなくできるはず。

市販されている物は値段もやや高く
添加物や保存料などが入っているので
抑毛のための成分が少ないデメリットがあります。

自宅で簡単に作れるので、なるべく自分で作って
使用するのがオススメです。

手作りの物なら保存料などを使わず
原料そのままなので抑毛の効果は高いでしょう。

では豆乳ローションの作り方を紹介します。


必要な材料

  • 無調整の豆乳…必ず“無調整”の豆乳。
  • レモン…液体のレモン果汁ではなく生のレモン。
  • 消毒用エタノール…無水エタノールではなく“消毒用”エタノール。



その他に、できあがった豆乳ローションを絞るための
ふきんや作った豆乳ローションを入れる専用の容器も用意します。

容器は500mlのペットボトルとかでもいいでしょう。


豆乳ローションの作り方

1.豆乳500mlを鍋に入れて火を通します。

弱火で60℃〜65℃ぐらいになるまで温めます。

沸騰すると有効成分が逃げてしまうので気を付けてください。


2.65℃になったらレモンを搾って加えます。

弱火のまま10秒ほど混ぜると
トロトロの状態になるので火を止めます。


3.消毒用のエタノールを混ぜて冷めるまで10分〜15分ほど放置。


4.ふきんやガーゼで豆乳ローションをこして絞ります。


5.できあがった豆乳ローションは別の容器に移して
冷蔵庫などに保管しておくといいでしょう。



手作りの豆乳ローションは保存しにくいため
多めに作らないようにしましょう。

冷蔵庫の場合、約1週間。

冷凍庫では1ヶ月ほどになります。

冷凍庫で保存した場合、使用する時は
レンジは使わず冷蔵庫での自然解凍して
使った方がいいでしょう。

急にニオイが、きつくなったりしたら
新しい物に作り変えて使用してください。



豆乳ローションを使ってみる

さっそく作った豆乳ローションを作ってみます。

1日2回朝と夜、入浴後などに塗るといいでしょう。

たっぷりと脇に塗って肌に浸透させるようにします。

豆乳ローションで脇の黒ずみを治すというよりは
抑毛でムダ毛の処理回数を減らして黒ずみを目立たなくさせます。

毎日継続するのをオススメします。

また豆乳ローションには皮膚の新陳代謝を良くして
肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。

手作りの豆乳ローションは作る手間と保存期間が
短いけど無添加なので効力は市販の物よりは高いでしょう。

またコストも安く済むのがメリットです。

豆乳ローションは市販された物もあります。
ネットでも簡単に手に入り注文して
届いたらすぐに使えて手間がかかりません。



手作り豆乳ローションVS市販の豆乳ローション

手作り豆乳ローション
メリット:安い、効力は高め
デメリット:作るのに手間がかかる、保存期間が短い、ニオイがきつめ

市販の豆乳ローション
メリット:購入後すぐに使える、保存期間は長い、ニオイもきつくない
デメリット:高い、効力は手作りのよりは低い


脇の黒ずみを重曹で治す

脇の黒ずみを重曹を使って解消する方法を紹介します。

重曹は脇の黒ずみの解消というよりは
毛穴に詰まった汚れを落として“洗浄”になります。

少しでも脇をキレイに見せるために自宅で
手軽にできるので使用している人がいます。

重曹


重曹とは主に食品の添加物に使われたり
レンジや鍋の焦げ落としなど掃除用に使われています。

重曹を水に溶かすと弱アルカリ性の水溶液になるので
肌に使えば皮脂汚れを落として黒ずみ解消すると
評判になっています。

しかし重曹は本来、スキンケア用のものではありません。

重曹は食用のでも粒子が大きいので肌に直接使うと
摩擦による刺激でメラニンが放出され黒ずんだり
肌荒れを起こす可能性もあります。

重曹を脇の黒ずみ対策として使う場合、
なるべく肌に刺激を与え内容に注意が必要です。

重曹には食用と掃除用の物があり
掃除用の重曹は食用に比べて粒子が荒いです。

脇の黒ずみ対策に使う場合は食用の物を選んでください。

重曹は、お湯に混ぜると強いアルカリ性になるので
使う時は水を使用するようにしましょう。


重曹の使い方

大さじ1杯の重曹に水を少し混ぜてペースト状にします。

そのまま脇に塗って1分ほど、やさしく
マッサージしてきれいに洗い流します。

脇に塗る時は普段使用している石けんや
ボディソープを泡立てて重曹を少し混ぜてもいいでしょう。

重曹の粒子は大きいので絶対にゴシゴシこすらずに
泡で円を描いて脇を軽くマッサージするように塗ります。

洗い終わったらちゃんとキレイに洗い流して
化粧水やクリームなどを塗って保湿します。

重曹は刺激を与えてしまうため毎日使用せず
週に1回ぐらいのペースで塗る方がいいでしょう。

重曹を脇に塗ったからといって確実に
黒ずみが解消するとは限りません。

重曹は、あくまで毛穴に詰まった汚れを落とすもので
メラニンの蓄積によって黒ずんだ脇の状態は、そのままです。

メラニンを生成させないために普段の脇に対して
毛抜きでの自己処理や制汗スプレーを頻繁に
使ったりするのを避けて対策すると良いでしょう。

重曹は毛穴の汚れを落としタンパク質を溶かすので
厚くなった角質を取り除いて肌のターンオーバーを
正常にする効果も期待できます。


脇の黒ずみを市販のクリームで治す

脇の黒ずみを豆乳ローションや重曹でケアする方法は
ネットの口コミや書き込みに多いけど
誰にも効果が見られるというわけではありません。

個人差もありますが皮膚の弱い人には、なるべく
重曹は使用しない方がいいでしょう。

豆乳ローションは自分で作る場合、
保存期間も短く手間がかかります。

ニオイもするので1、2回作ってやめてしまう人もいます。

脇の黒ずみをなんとかしたくて始めたのに継続できないと
一生、脇の黒ずみの悩みを抱えて過ごすハメに…。

最近では脇の黒ずみ対策用として
市販のケアクリームがネットで簡単に
購入できるようになっています。

脇の黒ずみ専用のケアクリームを塗って
キレイな脇を目指せるので人気の商品を紹介します。

アットベリーの詳細はこちら

ピューレパールの詳細はこちら